妊娠糖尿病について

突然ですが、妊娠糖尿病ってご存知ですか?これは一般的な糖尿病とは異なりますが、とても怖い病気である点は同じなのです。

今回はこの妊娠糖尿病についてご紹介したいと思います。

【妊娠糖尿病の基礎知識】

《妊娠糖尿病とはどんな病気でしょうか》

妊娠糖尿病とは、血糖値が基準値よりも高いが、一般的は糖尿病ほどではない状態の事。妊娠中にはじめて発症・発見される事から、妊娠糖尿病と呼ばれ、通常の糖尿病とは区別して捉えられています。

《妊娠糖尿病の原因とは》

この妊娠糖尿病は、糖の代謝異常によって引き起こされています。

通常、だれでも食後に血糖値は上昇します。これは、食品に含まれる糖質が分解される事で、「ブドウ糖」となり、血液中に取り込まれることによって起きている正常な現象なのです。

その後、血液内に取り込まれたブドウ糖は、インスリンにより分解され、全身の細胞内に取り込まれます。その後にエネルギー代謝での消費・体内への蓄積などにより、血糖値は徐々に正常な範囲に収まるのです。

しかし、妊娠中はちょっとこのメカニズムに変化が起こります。

お腹の中の赤ちゃんにも同じようにブドウ糖が必要となります。そのため、ママの体内では、インスリンの働きを抑えるホルモンの分泌・インスリンを壊す酵素が作られるなどが起こるのです。

こうして、ママのカラダにとって必要なインスリンの効果が小さくなり、結果血糖値が上昇する=糖の代謝異常となっているのです。

《妊娠糖尿病の主な症状》

初期の妊娠糖尿病には、殆どの場合自覚症状がありません。

進行するにつれ、喉の渇き・頻尿・疲労感などの症状が現れますが、妊娠中に起こる症状と類似しているため、妊娠糖尿病とは気付きにくいのが現状です。

この為にも、妊娠中の検診は重要な役割を持っているのです。

《妊娠糖尿病の発生頻度》

妊娠中のママの内、100人に8人程度の割合でこの妊娠糖尿病を発症します。

特にハイリスクなのが、肥満傾向・血縁者に糖尿病の人がいる・妊娠年齢が高い・過去に巨大児出産経験のある人など。

《妊娠糖尿病が引き起こす問題》

妊娠糖尿病には、流産・早産・巨大児・低出生体重児・子宮内胎児死亡・妊娠高血圧症候群・羊水過多症・尿路感染症など、ママにとって多くの合併症のリスクが高くなる傾向にあります。

また、先天性奇形などのリスクも含んでいますので、充分な注意が必要なのです。妊娠糖尿病のリスクは出産後にも続き、新生児低血糖症・呼吸障害・多血症などがそれに該当します。

《妊娠糖尿病の原因》

前述の通り、すでにハイリスクな条件下におかれている人などは特に注意が必要です。その旨を担当医に伝え、常に観察を行いましょう。

それ以外の人であっても注意が必要です。まず大切なのが、妊娠中の高血糖を防ぐ事。そのためには血糖値を上昇させる食品を控えるようにしましょう。

それらの食品には、パン・白米・ジャガイモなど通常の食事で摂取する物がたくさん含まれています。これらすべての食品摂取を控えるというのは現実的に難しいかもしれません。

その場合には、生成された白い穀類の摂取量を減らす・雑穀米に変えてみる・甘い食べ物を減らす・洋菓子を和菓子にする・食事の前に水溶性食物繊維を多く含む野菜を食べる等の工夫も有効な手段なのです。

【先輩ママ達の経験談】

《食事制限で対処》

妊娠後期になり、それまで順調だった妊娠生活が暗転。妊娠糖尿病と診断されました。幸いその状態は軽度のため、食事療法で経過観察となりました。

その日から病院で指導されたメニュー表とにらめっこの日々の始まり。まるで病院食か精進料理。でも、赤ちゃんのためです。夫にも事情を話し、二人でダイエット開始のつもりで食事の改善を頑張りました。すると、夫の体重も減り、私も臨月まで何とか入院治療の必要もなく無事出産を迎えられました。

《入院生活でコントロール》

妊娠中期に入り、突然医師から妊娠糖尿病ですと告げられました。もともと体重が増えすぎと指導されていたのに、あまり気にせずに生活していたのが問題だったのです。この段階でやっと事の重大性に気づき、冷や汗。

入院が必要かどうか何度か検査して、最後の検査でアウトとなりました。

その日以来、病院での検査・食事療法・モニターや心電図・医師の検査等々で何とか改善。指定されていた日までに改善されなければ、インスリン投与と言われていましたが、そこまでは行きませんでした。

その後、無事退院。その後は普段のメニューを変え、病院での食事を真似て作っていたた事が良かったのだと思いますが、安定した妊娠生活を送れました。

【まとめ】

妊娠糖尿病がもたらす合併症は実にたくさんの種類があり、中には非常に深刻な物もあります。しかし、その原因は食べ過ぎだったり甘い物の摂りすぎと、ちょっとした生活の中で誰にでも起こり得る状況でした。

まさに、生活習慣病と同じプロセスで発症するのです。しかも、妊娠中のカラダ通常の時以上に、病気に近くなってしまう状態。その事を忘れないように生活したいですね。

妊娠中の飲酒は厳禁!?その理由について。

今回のテーマは妊娠中の飲酒が危険な理由。妊娠しているママが飲酒してはいけない事は周知の事実ですよね。授かり婚の披露宴で、全員ノンアルコールだったなんて話も聞くほど。では、その理由、みなさまご存知ですか。

ここでは、妊娠中のママがアルコールを摂取した場合にどんなリスクがあるのか、アルコール以外にリスキーな飲み物は何なのかについてご紹介したいと思います。

【妊娠中のアルコール摂取のリスク】

《赤ちゃんに与える影響》

妊娠中のママがアルコールを摂取した場合、何がそんなに問題なのか?まずはこの事実をお伝えしたいと思います。

お腹の中の赤ちゃんは、ママが食事などで摂取した栄養成分で成長しています。しかし、赤ちゃんに運ばれるのは、有用な栄養成分だけではありません。有用・無害・有害にかかわらずすべて赤ちゃんに運ばれてしまいます。

今回のテーマである飲酒=アルコールの摂取も同じ。飲酒などで摂取したアルコール成分も赤ちゃんに運ばれてしまうのです。

では、このアルコールはお腹の赤ちゃんにどんな影響を与えるのでしょうか?

《胎児性アルコール症候群》

それはズバリ「胎児性アルコール症候群」。この疾患を引き起こすリスクがあります。

この「胎児性アルコール症候群」とは、お腹の赤ちゃんが、アルコールの影響により体重が増えない・顔面に奇形を生じる・脳に障害を持つなどのリスクにさらされる怖い疾患です。

妊娠初期のママが1日60g以上のアルコールを摂取した場合に、お腹の赤ちゃんに影響を与えたという事例があります。また、それ以下のごくわずかな量のアルコール摂取であっても、「胎児性アルコール症候群」を発症させた事例もあるのです。

アルコールへの耐性は人それぞれ。またその時々の体調など、タイミングによっても異なります。しかも、その判断など誰にも出来ません。だからこそ、妊娠中のアルコール摂取は厳禁なのです。

【妊娠中に避けるべき飲み物】

では、妊娠中のママがアルコール以外で避けるべき飲み物には何があるのでしょうか?

《アルコール分0.00%以外のノンアルコール飲料》

アルコールがダメならノンアルコール飲料はどうだろう?と、アルコールが好きな女性がこう考えるのは仕方のない事。

しかし、ノンアルコール飲料の中にも、アルコールが含まれている場合があります。これは、酒税法上のからくり。

酒税法上アルコール含有量が1%未満の場合、ノンアルコール表記が許可されています。ですので、ノンアルコールと表記されていても、アルコールがわずかに含まれている場合があるのです。

そこでオススメなのが、「アルコール分0.00%」の飲み物。これにはアルコール成分は全く含まれていませんので、摂取しても安全だと言われています。

《コーヒー・紅茶などのカフェインを含む飲み物》

カフェインの摂取は、血管収縮を招きます。これにより、子宮への血流が滞り、赤ちゃんに必要な酸素や栄養成分の運搬が出来なくなる可能性があるのです。また、ママに対しては、自律神経の乱れを引き起こし、カラダへの負担が大きくなる場合があります。

こういった理由から、妊娠中のカフェイン摂取は控える事が推奨されているのです。

しかし、このカフェインには妊娠中のつわりの一つでもある片頭痛を改善すると言った作用が期待できますので、ごく少量の摂取なら問題ないともされています。

その摂取量の上限は200ml。どうしても必要ならば、この量を超えない範囲での摂取に努めましょう。

《糖分を多く含む飲み物》

市販のパック飲料(野菜ジュース・炭酸飲料・スポーツドリンクなど)には、糖分を多く含む物が多数存在しています。適度な糖分摂取自体は問題ないのですが、過剰摂取となるとカロリーコントロール上・妊娠糖尿病への懸念などから問題があると考えられています。注意して摂取しましょう。

《セージ、レモングラス、ローズマリーなどのハーブティ》

ハーブティーの中には安全な物もあるのですが、その成分上、好ましくない物もあるのです。摂取する際には十分に注意する必要があります。

その判断はつきにくいので、妊娠中には避けるのが賢明です。しかし、妊娠中に好んで頂ける飲料は案外貴重な物でもあります。

その様な理由から、どうしても摂取したい場合には、信頼のおけるお店での購入及び成分説明を受けた上での摂取をお勧めします。併せて担当医師に相談して支持を仰ぎましょう。

《特定の栄養素を多く含んだ飲み物》

通常ならば、健康に貢献する目的で作られている飲み物であっても、妊娠中となると摂取することにより、ママのカラダやお腹の赤ちゃんに悪影響を与える物があるのです。

こうった飲み物を摂取する時には、マタニティ向け・若しくは妊娠中にも飲める物と記載している飲料を選びましょう。

【まとめ】

妊娠中の飲酒はもちろんダメなのですが、それ以外にも注意の必要な物がいくつもありました。知らなかったという事で後悔しないように、妊娠中の食生活には充分注意を払いましょう。

逆に、上限未満ならカフェインが大丈夫というのは目からうろこの嬉しい発見でした。摂取限度を守りつつ、楽しめると良いですよね。

胃の痛み、みんなどうやって乗り切った?

妊娠中にはカラダの至るところに変化を感じますよね。その中で、今日は胃の痛みにフォーカスをあててみたいと思います。

妊娠中、あちこちが痛い。でも、薬には頼れない。というのが常識になっているのが妊娠中のママの辛さ。

そんな時に知りたいのが、先輩ママ達はどうやって乗り切ったのだろうか?これが気になりますよね。

という事で、妊娠中の胃の痛み、その原因と対処法、先輩ママ達の経験談をご紹介したいと思います。

【妊娠中の胃の痛みについて】

《妊娠中の胃の痛み/原因》

妊娠中に感じる胃の痛み。辛いですよね。その痛みが妊娠初期から中期にかけてならつわりの1種。後期なら大きくなった赤ちゃんと子宮に圧迫されている可能性が高いのです。

初期から中期にかけてのつわり。その原因は、妊娠による消化不良なのです。これは、妊娠によるホルモンの影響で、妊娠前に比べて胃腸の働きが悪くなっているために起きている現象です。では、どうして胃腸の働きが悪くなっているのか?ですが、これは妊娠を継続するために必要な働きとの関係があるのです。

妊娠しているカラダは、赤ちゃんを育てる事が最優先となるように変化します。これに関係しているのがプロゲステロンという黄体ホルモンなのです。

このプロゲステロンは、子宮を柔軟にし、赤ちゃんの成長にあわせて子宮が広がる事を補助してくれます。こうして赤ちゃんの成長を守るのです。

しかし、この働きには、同時に胃腸の働きを抑制してしまうために、胃酸の逆流・胸焼け・胃の痛み・むかつき・吐き気などを引き起こす場合があるのです。

あるいは妊娠後期ならば、これは物理的な問題。大きくなった赤ちゃんと子宮などに胃が圧迫して起きている現象なのです。

《妊娠中の胃の痛み/対処方法》

では、どう対処するべきなのでしょうか?

ますは、普段の生活の中で胃腸炎などになった時と同じように、胃腸をいたわる食事を心がけてみてください。

例えば、消化の良い食べ物を食べる・よく噛んで食べる・1回の量を減らし、食べる回数を増やして栄養バランスを取るなど。

また、空腹時になると、その痛みが増す場合には、食事や間食の量を減らして、回数を増やす方法で対処しましょう。

《妊娠中の胃の痛み/赤ちゃんへの影響は?》

胃の痛み自体はお腹の赤ちゃんにはなにも影響を与えませんので、安心して下さい。しかし、薬を飲むとなると話は別。

一般的に、市販の胃腸薬は妊娠中にも飲めるものが多いのですが、やはりその判別をママが行うのはリスキーです。薬剤師に相談するか、医師の処方薬で対処しましょう。

また、元々胃腸が弱いなどの消化器系に問題を抱えている場合、放置すると悪化させてしまう場合があります。かかりつけ医がいればそちらに、いなければ産婦人科の担当医に相談して解決しましょう。

《妊娠中の胃の痛み/先輩ママ達の経験談》

(ストレス性胃炎と思っていたら)

仕事や家庭で多忙を極めている時、生活のストレスで胃が痛いのだと思い病院へ。検査の結果、なんとその場で妊娠判明。胃炎ではなくつわりでした。驚きと歓喜が同時に来た瞬間に、胃の痛みも吹っ飛びました。

(すぐに担当の先生に相談)

普段から優しくて、なんでも相談してと言ってくれる先生。胃の痛みを訴えた所、すぐに妊娠中にも安心して飲める薬を処方してくださいました。お陰で随分楽に妊娠生活を送る事が出来ました。先生には感謝しています。

(妊娠を知らずに胃薬を飲んでしまった)

妊娠の予感もなく、普通に生活していました。ある日、起床と同時に強い胃の痛みが、、、これは普段から良くある事なのと、その日はどうしても仕事を休めない日だったので、速攻でいつもの胃薬を飲んで出勤。

普通ならこれで無事に過ごせるのですが、その時は胃の痛みが治らず、仕事の後で病院へ。なんと妊娠発覚。

嬉しくて喜んだのも束の間、薬を飲んだことを思い出し茫然。そのことを医師に伝えたとところ、薬品名を調べて問題ないでしょうとの回答。良かった。

しかし、どんなに心配ないと医師に諭されても、やはり無事に出産するその日までは心配で仕方なかったです。今後は、どんな薬でも簡単には飲めないなと反省しました。

(とにかく言われたことに忠実に)

妊娠後期の胃の痛み。もう辛くてしんどくて。ずっと我慢していたのですが、どうにもならない位に痛い。思い切って医師に相談したところ、薬の処方と生活指導をしてくださいました。

その内容を忠実に守り、薬を飲んだらいくらか楽になりました。

【まとめ】

妊娠中に引き起こされる胃の痛み。妊娠全期と後期では考えられる原因は異なるのですね。しかし、対処方法は同じ。普段の胃腸炎などと全く同じでした。

大切なのは、その原因を理解して、今自分の置かれている状況を正しく判断し、正しく対処する事なのですね。

妊娠中には色々な体調の変化に悩み、一つ一つに冷静に向き合えない時もあります。そんな時こそ、周囲に頼ったり、医師に相談してみたりと、一人で抱え込まない事が大切なのだと思います。

心が軽くなると、いくらか気持ちも楽になり、体調が改善する事もあるのです。そうじゃなくてもママは大変。妊娠生活ともなるともっと大変。遠慮せず、甘えてみましょうね。