妊娠糖尿病について

突然ですが、妊娠糖尿病ってご存知ですか?これは一般的な糖尿病とは異なりますが、とても怖い病気である点は同じなのです。

今回はこの妊娠糖尿病についてご紹介したいと思います。

【妊娠糖尿病の基礎知識】

《妊娠糖尿病とはどんな病気でしょうか》

妊娠糖尿病とは、血糖値が基準値よりも高いが、一般的は糖尿病ほどではない状態の事。妊娠中にはじめて発症・発見される事から、妊娠糖尿病と呼ばれ、通常の糖尿病とは区別して捉えられています。

《妊娠糖尿病の原因とは》

この妊娠糖尿病は、糖の代謝異常によって引き起こされています。

通常、だれでも食後に血糖値は上昇します。これは、食品に含まれる糖質が分解される事で、「ブドウ糖」となり、血液中に取り込まれることによって起きている正常な現象なのです。

その後、血液内に取り込まれたブドウ糖は、インスリンにより分解され、全身の細胞内に取り込まれます。その後にエネルギー代謝での消費・体内への蓄積などにより、血糖値は徐々に正常な範囲に収まるのです。

しかし、妊娠中はちょっとこのメカニズムに変化が起こります。

お腹の中の赤ちゃんにも同じようにブドウ糖が必要となります。そのため、ママの体内では、インスリンの働きを抑えるホルモンの分泌・インスリンを壊す酵素が作られるなどが起こるのです。

こうして、ママのカラダにとって必要なインスリンの効果が小さくなり、結果血糖値が上昇する=糖の代謝異常となっているのです。

《妊娠糖尿病の主な症状》

初期の妊娠糖尿病には、殆どの場合自覚症状がありません。

進行するにつれ、喉の渇き・頻尿・疲労感などの症状が現れますが、妊娠中に起こる症状と類似しているため、妊娠糖尿病とは気付きにくいのが現状です。

この為にも、妊娠中の検診は重要な役割を持っているのです。

《妊娠糖尿病の発生頻度》

妊娠中のママの内、100人に8人程度の割合でこの妊娠糖尿病を発症します。

特にハイリスクなのが、肥満傾向・血縁者に糖尿病の人がいる・妊娠年齢が高い・過去に巨大児出産経験のある人など。

《妊娠糖尿病が引き起こす問題》

妊娠糖尿病には、流産・早産・巨大児・低出生体重児・子宮内胎児死亡・妊娠高血圧症候群・羊水過多症・尿路感染症など、ママにとって多くの合併症のリスクが高くなる傾向にあります。

また、先天性奇形などのリスクも含んでいますので、充分な注意が必要なのです。妊娠糖尿病のリスクは出産後にも続き、新生児低血糖症・呼吸障害・多血症などがそれに該当します。

《妊娠糖尿病の原因》

前述の通り、すでにハイリスクな条件下におかれている人などは特に注意が必要です。その旨を担当医に伝え、常に観察を行いましょう。

それ以外の人であっても注意が必要です。まず大切なのが、妊娠中の高血糖を防ぐ事。そのためには血糖値を上昇させる食品を控えるようにしましょう。

それらの食品には、パン・白米・ジャガイモなど通常の食事で摂取する物がたくさん含まれています。これらすべての食品摂取を控えるというのは現実的に難しいかもしれません。

その場合には、生成された白い穀類の摂取量を減らす・雑穀米に変えてみる・甘い食べ物を減らす・洋菓子を和菓子にする・食事の前に水溶性食物繊維を多く含む野菜を食べる等の工夫も有効な手段なのです。

【先輩ママ達の経験談】

《食事制限で対処》

妊娠後期になり、それまで順調だった妊娠生活が暗転。妊娠糖尿病と診断されました。幸いその状態は軽度のため、食事療法で経過観察となりました。

その日から病院で指導されたメニュー表とにらめっこの日々の始まり。まるで病院食か精進料理。でも、赤ちゃんのためです。夫にも事情を話し、二人でダイエット開始のつもりで食事の改善を頑張りました。すると、夫の体重も減り、私も臨月まで何とか入院治療の必要もなく無事出産を迎えられました。

《入院生活でコントロール》

妊娠中期に入り、突然医師から妊娠糖尿病ですと告げられました。もともと体重が増えすぎと指導されていたのに、あまり気にせずに生活していたのが問題だったのです。この段階でやっと事の重大性に気づき、冷や汗。

入院が必要かどうか何度か検査して、最後の検査でアウトとなりました。

その日以来、病院での検査・食事療法・モニターや心電図・医師の検査等々で何とか改善。指定されていた日までに改善されなければ、インスリン投与と言われていましたが、そこまでは行きませんでした。

その後、無事退院。その後は普段のメニューを変え、病院での食事を真似て作っていたた事が良かったのだと思いますが、安定した妊娠生活を送れました。

【まとめ】

妊娠糖尿病がもたらす合併症は実にたくさんの種類があり、中には非常に深刻な物もあります。しかし、その原因は食べ過ぎだったり甘い物の摂りすぎと、ちょっとした生活の中で誰にでも起こり得る状況でした。

まさに、生活習慣病と同じプロセスで発症するのです。しかも、妊娠中のカラダ通常の時以上に、病気に近くなってしまう状態。その事を忘れないように生活したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です