胃の痛み、みんなどうやって乗り切った?

妊娠中にはカラダの至るところに変化を感じますよね。その中で、今日は胃の痛みにフォーカスをあててみたいと思います。

妊娠中、あちこちが痛い。でも、薬には頼れない。というのが常識になっているのが妊娠中のママの辛さ。

そんな時に知りたいのが、先輩ママ達はどうやって乗り切ったのだろうか?これが気になりますよね。

という事で、妊娠中の胃の痛み、その原因と対処法、先輩ママ達の経験談をご紹介したいと思います。

【妊娠中の胃の痛みについて】

《妊娠中の胃の痛み/原因》

妊娠中に感じる胃の痛み。辛いですよね。その痛みが妊娠初期から中期にかけてならつわりの1種。後期なら大きくなった赤ちゃんと子宮に圧迫されている可能性が高いのです。

初期から中期にかけてのつわり。その原因は、妊娠による消化不良なのです。これは、妊娠によるホルモンの影響で、妊娠前に比べて胃腸の働きが悪くなっているために起きている現象です。では、どうして胃腸の働きが悪くなっているのか?ですが、これは妊娠を継続するために必要な働きとの関係があるのです。

妊娠しているカラダは、赤ちゃんを育てる事が最優先となるように変化します。これに関係しているのがプロゲステロンという黄体ホルモンなのです。

このプロゲステロンは、子宮を柔軟にし、赤ちゃんの成長にあわせて子宮が広がる事を補助してくれます。こうして赤ちゃんの成長を守るのです。

しかし、この働きには、同時に胃腸の働きを抑制してしまうために、胃酸の逆流・胸焼け・胃の痛み・むかつき・吐き気などを引き起こす場合があるのです。

あるいは妊娠後期ならば、これは物理的な問題。大きくなった赤ちゃんと子宮などに胃が圧迫して起きている現象なのです。

《妊娠中の胃の痛み/対処方法》

では、どう対処するべきなのでしょうか?

ますは、普段の生活の中で胃腸炎などになった時と同じように、胃腸をいたわる食事を心がけてみてください。

例えば、消化の良い食べ物を食べる・よく噛んで食べる・1回の量を減らし、食べる回数を増やして栄養バランスを取るなど。

また、空腹時になると、その痛みが増す場合には、食事や間食の量を減らして、回数を増やす方法で対処しましょう。

《妊娠中の胃の痛み/赤ちゃんへの影響は?》

胃の痛み自体はお腹の赤ちゃんにはなにも影響を与えませんので、安心して下さい。しかし、薬を飲むとなると話は別。

一般的に、市販の胃腸薬は妊娠中にも飲めるものが多いのですが、やはりその判別をママが行うのはリスキーです。薬剤師に相談するか、医師の処方薬で対処しましょう。

また、元々胃腸が弱いなどの消化器系に問題を抱えている場合、放置すると悪化させてしまう場合があります。かかりつけ医がいればそちらに、いなければ産婦人科の担当医に相談して解決しましょう。

《妊娠中の胃の痛み/先輩ママ達の経験談》

(ストレス性胃炎と思っていたら)

仕事や家庭で多忙を極めている時、生活のストレスで胃が痛いのだと思い病院へ。検査の結果、なんとその場で妊娠判明。胃炎ではなくつわりでした。驚きと歓喜が同時に来た瞬間に、胃の痛みも吹っ飛びました。

(すぐに担当の先生に相談)

普段から優しくて、なんでも相談してと言ってくれる先生。胃の痛みを訴えた所、すぐに妊娠中にも安心して飲める薬を処方してくださいました。お陰で随分楽に妊娠生活を送る事が出来ました。先生には感謝しています。

(妊娠を知らずに胃薬を飲んでしまった)

妊娠の予感もなく、普通に生活していました。ある日、起床と同時に強い胃の痛みが、、、これは普段から良くある事なのと、その日はどうしても仕事を休めない日だったので、速攻でいつもの胃薬を飲んで出勤。

普通ならこれで無事に過ごせるのですが、その時は胃の痛みが治らず、仕事の後で病院へ。なんと妊娠発覚。

嬉しくて喜んだのも束の間、薬を飲んだことを思い出し茫然。そのことを医師に伝えたとところ、薬品名を調べて問題ないでしょうとの回答。良かった。

しかし、どんなに心配ないと医師に諭されても、やはり無事に出産するその日までは心配で仕方なかったです。今後は、どんな薬でも簡単には飲めないなと反省しました。

(とにかく言われたことに忠実に)

妊娠後期の胃の痛み。もう辛くてしんどくて。ずっと我慢していたのですが、どうにもならない位に痛い。思い切って医師に相談したところ、薬の処方と生活指導をしてくださいました。

その内容を忠実に守り、薬を飲んだらいくらか楽になりました。

【まとめ】

妊娠中に引き起こされる胃の痛み。妊娠全期と後期では考えられる原因は異なるのですね。しかし、対処方法は同じ。普段の胃腸炎などと全く同じでした。

大切なのは、その原因を理解して、今自分の置かれている状況を正しく判断し、正しく対処する事なのですね。

妊娠中には色々な体調の変化に悩み、一つ一つに冷静に向き合えない時もあります。そんな時こそ、周囲に頼ったり、医師に相談してみたりと、一人で抱え込まない事が大切なのだと思います。

心が軽くなると、いくらか気持ちも楽になり、体調が改善する事もあるのです。そうじゃなくてもママは大変。妊娠生活ともなるともっと大変。遠慮せず、甘えてみましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です