妊娠中の飲酒は厳禁!?その理由について。

今回のテーマは妊娠中の飲酒が危険な理由。妊娠しているママが飲酒してはいけない事は周知の事実ですよね。授かり婚の披露宴で、全員ノンアルコールだったなんて話も聞くほど。では、その理由、みなさまご存知ですか。

ここでは、妊娠中のママがアルコールを摂取した場合にどんなリスクがあるのか、アルコール以外にリスキーな飲み物は何なのかについてご紹介したいと思います。

【妊娠中のアルコール摂取のリスク】

《赤ちゃんに与える影響》

妊娠中のママがアルコールを摂取した場合、何がそんなに問題なのか?まずはこの事実をお伝えしたいと思います。

お腹の中の赤ちゃんは、ママが食事などで摂取した栄養成分で成長しています。しかし、赤ちゃんに運ばれるのは、有用な栄養成分だけではありません。有用・無害・有害にかかわらずすべて赤ちゃんに運ばれてしまいます。

今回のテーマである飲酒=アルコールの摂取も同じ。飲酒などで摂取したアルコール成分も赤ちゃんに運ばれてしまうのです。

では、このアルコールはお腹の赤ちゃんにどんな影響を与えるのでしょうか?

《胎児性アルコール症候群》

それはズバリ「胎児性アルコール症候群」。この疾患を引き起こすリスクがあります。

この「胎児性アルコール症候群」とは、お腹の赤ちゃんが、アルコールの影響により体重が増えない・顔面に奇形を生じる・脳に障害を持つなどのリスクにさらされる怖い疾患です。

妊娠初期のママが1日60g以上のアルコールを摂取した場合に、お腹の赤ちゃんに影響を与えたという事例があります。また、それ以下のごくわずかな量のアルコール摂取であっても、「胎児性アルコール症候群」を発症させた事例もあるのです。

アルコールへの耐性は人それぞれ。またその時々の体調など、タイミングによっても異なります。しかも、その判断など誰にも出来ません。だからこそ、妊娠中のアルコール摂取は厳禁なのです。

【妊娠中に避けるべき飲み物】

では、妊娠中のママがアルコール以外で避けるべき飲み物には何があるのでしょうか?

《アルコール分0.00%以外のノンアルコール飲料》

アルコールがダメならノンアルコール飲料はどうだろう?と、アルコールが好きな女性がこう考えるのは仕方のない事。

しかし、ノンアルコール飲料の中にも、アルコールが含まれている場合があります。これは、酒税法上のからくり。

酒税法上アルコール含有量が1%未満の場合、ノンアルコール表記が許可されています。ですので、ノンアルコールと表記されていても、アルコールがわずかに含まれている場合があるのです。

そこでオススメなのが、「アルコール分0.00%」の飲み物。これにはアルコール成分は全く含まれていませんので、摂取しても安全だと言われています。

《コーヒー・紅茶などのカフェインを含む飲み物》

カフェインの摂取は、血管収縮を招きます。これにより、子宮への血流が滞り、赤ちゃんに必要な酸素や栄養成分の運搬が出来なくなる可能性があるのです。また、ママに対しては、自律神経の乱れを引き起こし、カラダへの負担が大きくなる場合があります。

こういった理由から、妊娠中のカフェイン摂取は控える事が推奨されているのです。

しかし、このカフェインには妊娠中のつわりの一つでもある片頭痛を改善すると言った作用が期待できますので、ごく少量の摂取なら問題ないともされています。

その摂取量の上限は200ml。どうしても必要ならば、この量を超えない範囲での摂取に努めましょう。

《糖分を多く含む飲み物》

市販のパック飲料(野菜ジュース・炭酸飲料・スポーツドリンクなど)には、糖分を多く含む物が多数存在しています。適度な糖分摂取自体は問題ないのですが、過剰摂取となるとカロリーコントロール上・妊娠糖尿病への懸念などから問題があると考えられています。注意して摂取しましょう。

《セージ、レモングラス、ローズマリーなどのハーブティ》

ハーブティーの中には安全な物もあるのですが、その成分上、好ましくない物もあるのです。摂取する際には十分に注意する必要があります。

その判断はつきにくいので、妊娠中には避けるのが賢明です。しかし、妊娠中に好んで頂ける飲料は案外貴重な物でもあります。

その様な理由から、どうしても摂取したい場合には、信頼のおけるお店での購入及び成分説明を受けた上での摂取をお勧めします。併せて担当医師に相談して支持を仰ぎましょう。

《特定の栄養素を多く含んだ飲み物》

通常ならば、健康に貢献する目的で作られている飲み物であっても、妊娠中となると摂取することにより、ママのカラダやお腹の赤ちゃんに悪影響を与える物があるのです。

こうった飲み物を摂取する時には、マタニティ向け・若しくは妊娠中にも飲める物と記載している飲料を選びましょう。

【まとめ】

妊娠中の飲酒はもちろんダメなのですが、それ以外にも注意の必要な物がいくつもありました。知らなかったという事で後悔しないように、妊娠中の食生活には充分注意を払いましょう。

逆に、上限未満ならカフェインが大丈夫というのは目からうろこの嬉しい発見でした。摂取限度を守りつつ、楽しめると良いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です